コープデリ連合会(コープみらい・いばらきコープ・とちぎコープ・コープぐんま・コープながの・コープにいがた)のCO・OP共済

MENU

電話で相談

『コープデリ連合会の共済サイト』をごらんになって、「コープの保障」についてさまざまな興味をお持ちになったり、現在の「わが家の保障内容」に疑問をお感じになったら、専門家に相談してみませんか?

くらしの電話相談ダイヤル(無料)

暮らしに関する「知りたいこと、聞きたいこと」にお応えします。

家計・保険・教育・住宅・年金、その他「暮らしの困りごと」や「悩みごと」など、お気軽にお電話ください。
ファイナンシャル・プランナー、産業カウンセラー、消費生活アドバイザー、社会保険労務士などの有資格者が対応します。ケースにより専門機関をご紹介いたします。

お問合せは

くらしの電話相談ダイヤル

受付時間毎週月曜・木曜10時〜17時
※祝祭日も受付します。

0120-922-935

共済の相談

CO・OP共済に関するお手続きは、コープ共済センターにて受付いたします。お電話をいただくと、音声ガイダンスが流れますので、案内に従ってご用件の番号を押してください。

各種お手続きに関する窓口

コープ共済センター

ご加入・保障の見直し・ご契約の満期継続など、ご契約に関するお問い合わせ

受付時間

[月〜土]9時〜18時
 ※祝日含む
[日曜休業]

0120-50-9431

音声ガイダンスの流れと内容(PDF)

※共済の事務はコープデリ連合会へ業務委託しております。

コープのお店で相談

組合員の皆さんにおなじみの「コープのお店」には、いつでも気軽にお立ち寄りいただける「共済カウンター」があります。

共済カウンター

お近くの「コープのお店」で、専門スタッフが対応します。共済についてのいろんなことを、お買い物のついでに相談できます。

様々なご質問にお答えします。
  • CO・OP共済についてのご説明
  • 各種共済の加入受付
  • 共済金請求のお問合せ
  • カウンターでの保障の見直し相談
  • 「保障の見直し個別相談」の受付 など
お問合せは

共済カウンターのある店舗はこちら

店舗名をクリックすると地図を見ることができます。

あんしん@コミュニティから

いつでも相談出来るのでとても安心です。

ひたちなか店共済カウンターご利用の方

お店の共済カウンターは、いつでも相談出来るのでとても安心です。気軽に聞ける窓口があるっていいですね。座ってじっくり落ち着いて説明を聞けるので、内容もしっかり理解し、納得して加入できます。自分のくらしにあった、無理のない、心温まるすすめ方をしてくれてうれしいです。加入した後も、共済金請求や手続きのことなどお世話になると思います。これからも、ずっとよろしく御願いします。

学習会・相談会に参加する

いばらきコープでは、LPA(ライフプラン・アドバイザー)の会が、自主的に暮らしと家計に関する勉強会を開いています。自分たち自身で学ぶとともに、組合員向けにおこづかいゲームや確定申告の勉強会等を開催しています。随時、コープの広報誌でお知らせしています。

また、FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格をもった保険センターの専門スタッフが、保障全般の見直し相談活動をしています。保障の話はもちろん、家計や税金など、幅広くアドバイスをします。皆さんの「最適ライフプランづくり」を応援しています。

いばらきコープの組合員ご本人及び同居のご家族ならどなたにもご利用できます。
組合員登録をされていない方はぜひこの機会にご加入ください。

人生の3大資金

私たちが暮らしていくにあたり、基本生活の他にかかるお金があります。
まず、大きなものとしては人生の3大資金が上げられます。(1)教育資金(2)住宅資金(3)老後資金です。それぞれ1千万円単位になりますので、計画的な準備が必要です。
また、その他にも、私的保険料として、わが家は何にいくら払っているのかにも気をつけてほしいです。皆さんのお宅は、生命保険や個人年金保険、学資保険、火災保険、車の保険等、どのような保険に入っていますでしょう。そして、年間に支払う保険料総額はいくらになっていますか。車であれば、保険料のほかにも税金、維持費等がそれなりの額になります。銀行口座から自動的に引き落とされていると、チェック機能が働きにくくなります。一度、すべての支出について洗い出してください。それは、人生の3大資金をきちんと用意できる家計にする見直しとなります。

今回は参考数字として、それぞれにかかる費用についてみます。

(1)教育資金

教育に関しては、なによりも教育方針を決めることが大事です。わが家は子どもにどのような教育を願うのか。また、子ども自身が自分の将来についてどう考えるのか。子どもが中学生くらいになったら親子で話し合ってください。また、いずれの進路になるにしても資金的な準備は早めに始めることです。子どもが生まれてから児童手当をすべて貯金すれば18歳までに200万円近く貯めることが出来ます。(現在の制度が続くと仮定)
出来れば、高校までの教育費は月の収入のやり繰りの中でおさめてください。大学に関してはそれまでに積み立てた資金を使います。

学校を公立にするのか私立にするのかで、かかる費用は大きく変わります。下の表を参考にしてください。

幼稚園から高校までの年間教育費の目安

(単位:円)

幼稚園 小学校 中学校 高等学校
公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立
学習費総額 222,264 498,008 321,708 1,535,789 481,841 1,338,623 409,979 995,295
学校教育費 119,175 319,619 59,228 885,639 128,964 1,022,397 242,692 740,144
学校給食費 19,382 36,836 43,176 46,089 38,422 4,154
学校外活動費 83,707 141,553 219,304 604,061 314,455 312,072 167,287 255,151

出典 文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査結果」より

  • 学校外の活動費に関しては、習い事や塾、子ども会の活動やスポーツなど多義にわたります。
    各人の家庭の価値観でおおきく変わります。大事なのはわが家の考え方です。
  • 公立か私立かで、かかる費用は大きく変わります。
    学校教育全体をイメージしながら、子どもの進路を見ていきましょう。
  • 教育費の山は、一般的に大学時代だと考えられます。できれば、高校までの教育費は月の収入でやり繰りし、かつ大学時期の教育費の積立ができるようにしましょう。
国立大学と私立大学の授業料の推移

(単位:円)

国立大学 私立大学
年度 授業料 入学金 検定料 授業料 入学金 検定料
1975年 36,000 50,000 5,000 182,677 95,584 9,647
1985年 252,000 120,000 19,000 475,325 235,769 22,854
1995年 447,600 260,000 29,000 728,365 282,574 32,645
2004年 520,800 282,000 33,000 817,952 279,794 32,800

出典 文部科学省「国立大学と私立大学の授業料の推移」より

今後も、国立大等の授業料の値上がりが予定されています。

(2)住宅資金

皆さんはお住まいについてどう考えていますか。日本は戦後ずっと持家政策を進めてきました。現在も持家の方向をとっています。しかし、空家問題も深刻化しており全国の空き家は800万戸を超えています。そうなると一概に持家がいいのかどうかは考え物です。生涯年収が横ばいか低迷していたり雇用が不安定化している状況で、35年ローンを組むことがはたして正解なのか未知数です。新築物件を希望するから中古等の物件を上手にリフォームする等へ、選択肢を広げてもよいのではないでしょうか。

また、ご自身の親御さんのお住まいはどうですか。相続になった時、不動産が負動産になっている可能性はありませんか。これからは、所有からレンタルやシェアリング への移行が進むかもしれません。また、東京オリンピックが終わってから不動産の選択を考えても遅くはないように思います。

ここでは、2016年現在の住宅の購入価格の参考値を載せてあります。ですが大事なのは、ご自分の家族がどこでどういった暮らし方をしたいかです。一般的な数字に振り回されず、わが家の暮らしを 第一にして考えましょう。

住宅の平均購入価格(「フラット35」利用者)
土地付注文住宅 建売住宅 マンション
総額 内建設費分 内土地費分
全国 3,955 2,663 1,291 3,338 4,267
首都圏 4,652 2,575 2,077 3,646 4,754
近畿圏 4,077 2,577 1,500 3,270 3,867
東海権 4,122 2,848 1,274 2,956 3,621
その他地域 3,552 2,688 864 2,700 3,308

(3)老後資金

皆さんは現在、何歳でしょう。10年経てば10歳年を重ねます。30年経てば30歳年を重ねます。10年後や30年後をイメージすることはありますか。「日々の暮らしに精一杯で、そんな先のことを考える余裕なんてありません 。」と言われそうですね。確かに「そんな先なんて、どうなっているのだか誰れもわからない」が真実でしょう。ですが、こうも考えられませんか。「30年後はこういった暮らしがしたいから、今からこうしたことを努力しよう」と。お金に限らず、生きがいや人間関係、健康もそうですが、どれも「一日にしては成らない」ものばかりです。 今を大切に、30年後の今も幸せであるように心構えしてください。老後資金ばかりは、一律に妥当する金額はありません。どこで暮らすのか、老後に住宅ローンが残っているのか、子どもの教育は続いているのか、基本生活費としていくらかけるのか等々、一人ひとりの家庭で異なります。また、将来の物価がどうなっているのか、お金の価値や金利がどうなのかは不確実このうえないです。

そこで今言えることは、みんなが健康であること。家族が信頼し合えること。家計が黒字であることの3つが大事だということです。
まずは、現在の家計を確認し、現在を丁寧に暮らしていただきたいと思います。

2019年度「くらしの講座」を開催します

家族の歴史は、50年にも60年にもなります。
わが家の現在のライフステージを意識しながら、一生を見据えたお金の流れを見ていきましょう。
人生の後半戦は延び続けています。どんな心構えが必要なのか、ご一緒に考えませんか。
家計管理の大事なポイントをお伝えします。
4つのテーマを用意しました。たくさんのご参加をお待ちしています。

  • テーマ
  • ①生活設計と資金計画
  • ②家計管理と保険の見直し
  • ③老後の生活と公的年金
  • ④エンディングノートと相続
会場 日程 テーマ 日程 テーマ
うしく店 8/2(金) ①生活設計と資金計画 9/27(金) ②家計管理と保険の見直し
つちうら店 10/25(金) ③老後の生活と公的年金 11/22(金) ④エンディングノートと相続
水戸店 7/24(水) ①生活設計と資金計画 9/11(水) ②家計管理と保険の見直し
ひたちなか店 10/23(水) ③老後の生活と公的 11/27(水) ④エンディングノートと相続
  • 時 間 :10時から12時 (受付9時40分)
  • 託 児 :あり(1歳以上、一人100円事前申込)
  • 参加費 :無料
  • 募集人数:20名
  • 持 参 :筆記用具
  • 申込方法:総合企画室電話申込TEL0120-160-231 受付時間 9:00~17:30
  • 締 切 :各日程の1週間前

知っていますか?あなたの身近な相談ダイヤル

15年で相談件数は8,900件を超えました。

相談内容は、くらしの中のさまざまな分野にわたっています。例1:父親の死に伴って相続のことでもめている。例2:会社から有給はないと言われたけれど? 例3:人間関係で悩んでいる。 例4:住宅ローンが返せなくなりそう! 例5:多額の借金返済で困っている。 例:6 保険の中身がわからない。教育・住宅資金はどうするの? 例:7 年金のことがわからない。 例:8 ご近所とのつきあいで悩んでいます。

「ありがとう」のことばが、
相談員の励みになっています。

  • 「年金の仕組みや制度のこと、保険のことなどをわかりやすく教えてもらって、助かりました」
  • 「元気の素をいただきました」
  • 「胸のつかえがとれて、心が軽くなりました」
  • 「ささいなことでも親身に相談にのっていただいて、ありがとう」
くらしの困りこと相談は
くらしの電話相談ダイヤル

くらしや家庭の悩みごと、困りごとを一人で抱えていませんか?
ファイナンシャル・プランナー、社会保険労務士、産業カウンセラー、消費生活アドバイザーなどの有資格者が対応します。
ケースにより、専門機関をご紹介いたします。

0120-922-935毎週月・木曜日(祭日も可)10時〜17時受付